+++ 究極のフライド・チキン
5月の最終週の月曜日はイギリスでは祭日なのですがあいにくの雨。
4月にあんなにお天気だったのに・・・ 予定していた友達とのBBQも中止です。
その代わりといってはなんですが、
ダーが前から作りたがっていた「究極のフライド・チキン」に挑戦することにしました。
彼は昔からチキンが大好き。
漫画「美味しんぼ」で「究極のフライドチキン」を読んでからずっと
作りたいといい続けていたので・・・
それならと、Organicの小さめのチキンを購入。

レシピはというと

チキンを湯通しして皮をピンとはらせる
水あめを酢でといたものを塗り、風干しする
ジャーレンの上にのせ熱した落花生油を回しかける
油の温度をだんだん上げて中まで火が通り、表面の皮がぱりぱりになったら出来上がり

さて、中華のお店にいってジャーレンも買いました。
落花生油も初めて買いました。
水あめは手に入らなかったので、イギリスのゴールデンシロップを米酢で
溶いて代用、湯通ししてピンと皮の張ったチキンに満遍なく塗りました。
そしていよいよ中華なべの上で熱い作業を開始:

d0043315_2195328.jpg

d0043315_21102977.jpg

d0043315_21105313.jpg


だいたい、時間にして・・・30分はたったでしょうか?
ときどき交代してチキンを持ち替えたり、場所を変わったりして油を回しかけ続け
できあがったのは・・・・

d0043315_211356100.jpg


こんな感じ↑

普通のローストチキンとは違って、
皮はぱりぱり・・・うまいです。しかし、味付けがおなかの中に塩コショウをたっぷりしたのみ
なので・・・ねぎしょうが醤油でいただきました♪

しかし、後片付けは大変だし油はべとつくし
たぶん、これっきりやらないでしょう。(きっぱり)(笑)

何度もやりたいと病みつきになるほどにはいたりませんでした。
(ダーごめん・・・)

今度は普通にから揚げにしようね(苦笑)
[PR]
by kagatas-table | 2007-05-28 21:16 | Food & Drink


<< +++ おうちでイタリアン +++ The Nationa... >>